一般社団法人 大木動物愛護協会は、
日本の動物愛護精神の普及・
啓蒙活動及び教育機関への指導
動物愛護法改正への取り組みに
重点を置いて活動をしております。

協会概要

団体名 一般社団法人 大木動物愛護協会
代表者 大木 トオル
所在地 〒104-0061 
東京都中央区銀座8-11-13 エリザベスビル4F
お問い合わせ TEL:03-5537-2815/
FAX:03-5537-2817
(平日10:00~18:00)
URL http://okiawa.therapydog-a.org/
メール info@therapydog-a.org

代表紹介

大木トオル

音楽家。一般財団法人 国際セラピードッグ協会代表、一般社団法人 大木動物愛護協会 創始者, 弘前学院大学客員教授、ユナイテッド・セラピー・ジャパンINC代表、社会福祉学者(日米)、東日本被災犬保護プラザ代表

東京日本橋人形町生まれ。1976年渡米、米国在住。全米音楽界で唯一、東洋人ブルースシンガーとして全米ツアーを成功させるなど、人種の壁を乗り越えて世界的に活躍する。
ゼネラルプロデューサーとしても多くのビッグアーティストを育て、日米のブラックミュージックの架け橋として長く活躍、「ミスターイエローブルース」と称賛される。
一方、動物愛護家として日米の友好・親善に貢献。殺処分寸前の捨て犬達と被災犬達の救助と共にセラピードッグ育成のパイオニアとして動物介在療法の普及を38年にわたり行っている。障がい者施設、高齢者施設、病院、教育の現場などで活動し、日米の各施設で多くの症例と成果を出している。セラピードッグ訓練カリキュラムの考案者として活動中。
著書
『チロリ』(トゥーヴァージンズ 2016年)
『伝説のイエロー・ブルース』(トゥーヴァージンズ 2016年)
『チロリのまなざし 奇跡をおこすセラピードッグ』(リーブル出版 2014年) 
『がんばれ! 名犬チロリ』児童推薦指定図書・全国読書感想文指定図書 (岩崎書店 2014年)
『わが心の犬たち』(三一書房 2013年)
『風になった名犬チロリ』(岩崎書店 2013年)
『いのちをつなぐ』児童推薦指定図書・全国読書感想文指定図書 (岩崎書店 2012年)
『名犬チロリ~日本初のセラピードッグになった捨て犬の物語~』(岩崎書店 2011年)
『動物介在療法 セラピードッグの世界 』(日本経済新聞出版社 2009年) 
『アイコンタクト ~最強のセラピードッグ 名犬チロリ写真集~』(バットコーポレーション2006年)
『名犬チロリ』(マガジンハウス 2004年)
『キラ星たちのレクイエム(鎮魂歌)』(誠文堂新光社 1998年)
『伝説のイエロー・ブルース』(文藝春秋 1983年)

などベストセラー多数

【音楽CD (ソニーレコード、エイベックスレコード、ドリーミュージック) 多数】

代表挨拶

一般社団法人 大木動物愛護協会は、(一財)国際セラピードッグ協会の活動の中で、特に
  • 日本の動物愛護精神の普及・啓蒙活動及び教育機関への指導
  • 動物愛護法改正への取り組み
に重点を置いて活動をしております。
子供たちを中心に命の尊さについて学んでもらうために、教育機関への動物愛護の教育・指導を行い、そして動物愛護法の改正に取り組み、捨て犬捨て猫の殺処分廃止を目指します。

活動内容

  • 日本の動物愛護精神の普及・啓蒙活動及び教育機関への指導
  • 動物愛護法改正への取り組み

全国の教育機関への動物愛護の指導・教育

全国の医療機関、医師会、獣医師会への動物愛護講演

  • 東京大学医学部附属病院
  • 癌研有明病院
  • 薬剤師総会
  • 飛騨獣医師会記念講演

全国の動物愛護センターにおける啓蒙活動

  • 岐阜県動物愛護センター除幕式。
    全国で初めて殺処分場のない動物愛護センターが設立。
  • 青森県動物愛護フェスティバル
    青森県動物愛護センターにて
  • 千葉県動物愛護フェスティバル
    千葉県動物愛護センターにて
  • 愛媛県動物愛護センター
    係留所の一般公開。大木代表と愛護センター所長、スタッフの皆さん。

動物愛護法改正への取り組み

  • 国会衆議院議員会館においての動物愛護特別講演会。動物愛護法改正に向けて国会議員、動物愛護関係者に日本の動物愛護の在り方と捨て犬捨て猫殺処分「ゼロ」に向けての講演会を開催。