Toru Oki & Therapy Dogs Blog I'll BE ALRIGHT 捨て犬達の命は
セラピードッグとして生まれ変わり
私たち人間を支えます

大木トオル ニューヨーク・ブルース・ナイト(レインボータウンFM)

Mr. イエロー・ブルース 大木トオルがお届けする1時間のブルース・ナイト ラジオ番組が2022年4月2日(土)よりスタート!

「ミュージック・デリバリーDX 〜大木トオル ニューヨーク・ブルース・ナイト〜」
レインボータウンFM 

【次回 第8回目】:2022年11月5日(土) 17:00
レインボータウンFM 豊洲スタジオより生放送
放送日:毎月第1土曜日 17:00〜18:00 

レインボータウンFM 聴取方法 下記①〜③にてお聴きいただけます。
①【FM ラジオ放送】 周波数 88.5MHz ※可聴エリア : 東京23区

②【音声配信】スマホやパソコンから聴くことができます。
・サイマルラジオ http://www.simulradio.jp/#kantou
・リスラジ(アプ) http://listenradio.jp/
・レイン ボータウンFM http://885fm.jp/

③【YouTube Live 動画配信】  ※マイク音声のみ配信です。(音楽配信はありません。)
https://www.youtube.com/channel/UCZd23WcfAIB2Qwp1QX1IBIQ
チャットでリアルタイム・メッセージも送ることができます。

放送内容:これまでの音楽活動の中でのこぼれ話や裏話を交えて楽曲をお届けするほか、生まれ育った人形町〜下町のお話。そして子供のころからそばにいてくれた犬との付き合い、そこから発展した「セラピードッグ」活動、それに伴う保護犬活動などにまつわるお話をお届けします。ブルース、下町、セラピードッグ。そのどれもが心の支えとなってくれています。

ぜひお聞きください!!

——————————————————————
レインボータウンFMのSNSをご案内いたします。
【番組連動オフィシャルFacebook&ツイッター】
FACEBOOK https://www.facebook.com/nybn.ooki
大木トオル ニューヨーク・ブルース ・ナイト(ミュージック・デリバリー DX)
番組(生放送)を文字化して再現する読むラジオ!
※Facebookページをお持ちの方は上記 「大木トオル ニューヨーク・ブルース・ナイト(ミュージック・デリバリーDX )」でページ検索してください。

ツイッター https://twitter.com/wrlabel_dx
番組情報やFACEBOOK のアップ情報などなどをお届けします。

番組ではメッセージもお待ちしております。
メールはinfo@885fm.jpまで!

セラピードッグを目指した被災犬たち”福(ふく)”

”福”の物語

2011年3月11日におきた東日本大震災。

”福”は、震災により家族を失い山奥で生活する母犬から、野犬として生まれました。(捕獲当時 推定3か月♂)

その後、保健所での4か月にも及ぶ抑留生活は、人と触れ合う大切な時期を逸してしまい、人間への恐怖心がつのりとても臆病に。 栄養状態も悪く足が変形してしまい、救助当時は立つことが出来ませんでした。

そんな”福”にとって、生まれて初めて愛情を注ぐ人間に抱かれたのが、大木代表だったのです。

トレーニングプラザに来てからも、人間への恐怖心がすぐになくなることはありませんでした。                 雪が解けるように、ゆっくり時間をかけて焦らず接することは、スタッフにとっても忍耐の時間でした。

時間をかけて信頼関係をを取り戻し、健康を回復した”福”はかなりのやんちゃ坊主に変身。                   毎日たくさんの犬たちと元気に走り回っています。

そして2年に及ぶ訓練カリキュラムをクリアしてセラピードッグとしてデビュー。

高齢者施設の皆さんに寄り添い、立派に活動しています。

今も、雷が鳴ると少し落ち着かないときがありますが、これからも”福”が安心して過ごしていけるよう寄り添っていきます。

保健所に抑留されていた”福”

大木代表により命を繋いだ4頭。(左から きずな♀、福♂、幸♀、日の丸♂)

足が変形し、歩行困難でした。

その後、人間への信頼関係を取り戻すとともに健康回復した”福”

セラピードッグとして高齢者施設で高齢者の歩行に合わせてリハビリのお手伝い🐾

今日も仲間と元気に走り回っています♡

これからも応援よろしくお願いします。(byふく)

 

TikTokも是非ご覧ください!

 ~福島のセラピードッグ『福』~ 

URL: https://vt.tiktok.com/ZSd2d3Ckr/

読売新聞掲載のお知らせ

本日3月23日の読売新聞朝刊に大木トオル代表と福島の被災犬セラピードッグたちが掲載されました。

読売新聞URL: https://www.yomiuri.co.jp/local/kanagawa/news/20220322-OYTNT50150/

当協会の活動報告としてぜひご覧いただけますと幸いです。

大木代表と福島の被災犬「きずな(左)」と「日の丸」
福島の仮設住宅で被災された方々へセラピー活動を行なっている様子

セラピードッグたちが被災者の皆さんに笑顔と生きる勇気をお届けしました。

 

 

“とまと”のチャレンジ❣

いつもフィールドで一緒に遊んでいる”とまと”と”むさし”(福島の被災犬 推定11歳♂)。

とても仲良しの2頭の様子をご紹介します。

”むさし”が遊び終わったおもちゃが気になり、”とまと”がおもちゃをゲットしようとチャレンジ。

それがこちら。

むさし君、遊び終わったみたいだから、僕がもらおうかな(byとまと)

そ~っと近づく”とまと”🐾。”むさし”は気づいてないのかと思われましたが…

ちらっ…。”むさし”は気づいた様子。”とまと”はさっと目をそらしてごまかします💦

しかし、一瞬の隙を見て見事にゲット👍

”むさし”も本当は気づいてましたが、譲ってあげたようです☻

優しいね、むさし。ありがとう💛

3月16日 名犬チロリの命日(17回忌)

2006年3月16日 名犬チロリは大木代表の腕の中から虹の橋を渡りました。

5頭の仔犬とともにゴミ捨て場に捨てられたチロリ、仔犬を守るため必死に戦いながら、決して生きることを諦めませんでした。当時は泥だらけで左後肢には障がいがありました。

大木代表によって救助された時は心身ともにボロボロの状態でしたが、愛情を注ぎ一緒に生活して信頼関係を取り戻します。

足に障がいがあるチロリは、セラピードッグのカリキュラムを誰よりも頑張り、持ち前のバイタリティーでともに苦難を乗り越え、通常2年半かかるトレーニングカリキュラムをなんと半年でクリアしました。

捨て犬から日本初のセラピードッグとして沢山の高齢者や障がい者、病気の方々に生きる勇気と笑顔を届け、セラピードッグの礎を築いたチロリ。

チロリから学んだ事。「命あるものは幸せになる権利がある」(by 大木トオル代表)

今、チロリの意思を受け継いだ後輩のセラピードッグたちが、沢山の方々を支え社会福祉に貢献しています。

そしてこの魂は、真の意味で人と動物の共存する幸せな社会への一歩につながると強く信じています。

ねえ、チロリ。あなたの後輩たちは頑張っているよ。これからも天国で見守っていてね。

 

チロリに感謝と哀悼の意を込めて。

2022年3月16日 スタッフ一同


大木代表の愛情により、健康を回復し信頼関係を築き穏やかな表情に。

その後、先頭に立ってトレーニングを積むチロリ。

チロリは、捨て犬から日本初のセラピードッグとして
多くの高齢者の皆さんに生きる勇気と笑顔を届けました。

2005年 スペシャルオリンピックスin長野にて
聖火リレーを先導するセラピードッグたち(中央:チロリ)
また選手達の身心のケアにもあたりました。

大木トオル代表のクリスマスチャリティディナーショー
(捨て犬・被災犬保護チャリティイベント)に特別出演するチロリ

多くの皆さんから愛された「名犬チロリ」
私たちの心の中にこれからも生き続けます

 

YouTube名犬チロリドキュメンタリー「アイコンタクト」:https://youtu.be/5YFlkAHx_NI

愛する亡きチロリへ 17年目のラブレター

愛する亡きチロリへ 17年目のラブレター
(名犬チロリ 2006年3月16日乳がんにより永眠 享年: 推定16歳)

30年前、泥だらけで捨てられていたおまえに出会いました

必死で生きようとするその瞳を今も忘れることができません

出生のことが何もわからないおまえとやり直す日々でした

そして誕生日は、私と同じ5月23日となり

名前は大木チロリ、長女となったのです

そして語りつくせない波乱万丈の思い出の数々

楽しかったか…

人は私が捨て犬チロリを助けたといいますが

本当はチロリが私を助けてくれたのです

そして私たちは走りつづけ人間と犬を超えました

チロリと暮らした日々は、私の宝のような思い出です

そして最後に、痛み苦しんだガン闘病を救えなかった私を許して欲しい

私もいつかおまえのもとへいくでしょう

そのときは、得意のあのアイコンタクトの笑顔で一番最初に出迎えて欲しい

その日を来るのを私は今から夢見ています

2022年3月16日 大木トオル

チロリ最後のアイコンタクト

 

多くの高齢者・障がい者の方々に笑顔と生きる勇気を届けました

 

チロリの功績が称えられ
2007年5月 名犬チロリ記念碑が建てられました
(東京都中央区立築地川銀座公園)

 

スィートリトルダーリン・チロリ

 

YouTube名犬チロリドキュメンタリー「アイコンタクト」:https://youtu.be/5YFlkAHx_NI

梅の花が咲きました。

トレーニングプラザには、ここで生活してきた犬たちとともに成長してきた梅の木があります。

チロリや歴代のセラピードッグ達をはじめ、救助した犬たちとの出会い、成長、セラピードッグとしての活躍、引退した犬たちの穏やかな日常、そして別れを、静かに見守りながら毎年きれいな花を咲かせてきました。

そして、今年もきれいな花を咲かせながら、セラピードッグたちを見守ってくれています。

きれいな花を付けました🌸

チロリやピースも、毎年梅の花を見ながら生活していました。

時には仲良く水を飲んだりした2頭。

そして今年。梅の下で犬たちと過ごす大木代表(左:こざくら♀・右:サニー♂)

この梅の花が春の訪れを感じさせてくれるのです。

セラピードッグ オンラインリモート講義

私が長年特別講師を務める札幌どうぶつ専門学校のセラピードッグ講義が行われ、本来は北海道へ行って授業を行うのですが、コロナ禍のためオンラインリモートにて開催されました。


動物の命の尊厳と共生する社会の大切さについて授業を行いました。

真剣に受講する生徒たち

 

2年間共に学んだ犬たちと3月に卒業を迎える生徒たち

 

生徒の皆さんへ

2年間の授業を通して、卒業後の活躍を心より願っております。

大木トオル

 

千葉県の捨て犬、セラピードッグ・パティ

パティの物語

2005年7月、千葉県の動物愛護センターより殺処分寸前に救助しました。(救助当時推定4〜5ヶ月♀)
当時はまだ成犬譲渡が難しい時代でしたが、愛護センターとの信頼関係により特別に救助することが出来ました。
徹底した健康管理と愛情を注ぎ、健康を回復した後にセラピードッグのカリキュラムをクリア。
セラピードッグとして活動し、沢山の方々に生きる勇気と笑顔をお届けしたパティ。
高齢になり引退した後は大病をして危険な状態に陥ったこともありましたが、最善の医療により命を繋ぎ元気に過ごしています。

現在推定17歳。
足の運びは徐々に重くなってきましたが、毎日のんびり日向ぼっこ。そして食欲はモリモリ❕

1日でも長く一緒に楽しく過ごせるように、これからも愛情を注ぎ見守ってまいります。

2005年7月 千葉県動物愛護センター5日目の部屋にて(殺処分前日の部屋)
大木代表によりギリギリの救助❕


愛護センターの外に、命を繋ぎました!

 

45教科のカリキュラムをクリア。いよいよセラピードッグとしてデビュー。

 

セラピードッグとして活躍。沢山の方へ笑顔をお届けしました💛💛

 

 引退後、大病を患い手術(動物病院で最善の医療を受けるパティ)見事に回復❕

毎日たくさん食べて元気に過ごしています☺

 

 

TikTok CHIRORI FAMILY 「のほほん日和〜パティ」もぜひご覧ください。

セラピードッグ・海斗(かいと)

海斗(かいと)の物語

福島の被災犬”海斗”は福島の保健所から”JB”とともに救助されました。(救助当時1~2歳♂)

白い毛色が白波のイメージから「海斗(かいと)」と命名。

性格は人懐っこく甘えん坊、”JB”が大好きで大の仲良し。どんな時もいつも一緒です。

そして優しく穏やかな”海斗”は年下の”ルーシー”とも仲良しに。

現在はリモートでのセラピードッグ活動で高齢者の方々に愛くるしい笑顔をお届けしています。

保健所に係留されていた当時の”海斗” 
人に恐怖心を持っていました。

 

トレーニングプラザへ来て健康回復と信頼関係を取り戻した頃の”海斗”(手前)と”JB”
すっかり顔が凛々しくなりました。

  

フィールドでも”JB”に甘える”海斗”

 

お部屋にもお邪魔します💛

 

プライベートでは、おてんば娘”ルーシー“(中央)とも楽しく過ごします。

 

セラピードッグのトレーニングを日々積んでいきます。


現在、リモートおいて凛々しい姿でセラピードッグ活動を行っています。