活動報告活動報告

福島・いわき被災犬緊急保護センター 緊急救助した被災犬達

2016年10月13日
10月13日 国際セラピードッグ協会が運営する「福島・いわき被災犬緊急保護センター」にて。 これまで殺処分寸前を緊急救助してきた被災犬達と大木代表。 震災から5年半以上たちますが残された被災犬達はまだ数多くいます。 今後も最後の1頭まで被災犬の最終保護をしてまいります。 20161013_142839_burst05 20161013_143731_burst07 20161013_145409 大木代表と被災犬「太郎丸」(土佐犬)と。

大木トオル代表とセラピードッグ達のブログ I'll BE ALRIGHT

大木トオル代表とセラピードッグたちのブログが始まりました! セラピードッグたちは今日も元気100倍でトレーニングに励んでいます。応援をよろしくお願いいたします!

photo
2022年6月25日 New セラピードッグ”パティ”の引退生活
2005年千葉県動物愛護センターから救助した”パティ” セラピードッグ活動を引退して、今はトレーニングプラザで穏やかに生活しています。 5…
詳細はこちら
photo
2022年6月12日 2年ぶりの初級訓練会がスタートしました。
(一財)国際セラピードッグ協会では愛犬家のためのセラピードッグ訓練会を定期的に開催しております。 しかし、2年に及ぶコロナ禍により…
詳細はこちら
photo
2022年5月26日 “ミルキー”のシャンプー
トレーニングプラザでは、衛生管理の一環として定期的にグルーミング・トリミングをしています。 爪切りや耳のお掃除も一緒に行います。 …
詳細はこちら
photo

スタッフ候補生募集

一般財団法人国際セラピードッグ協会では、セラピードッグ・ハンドラー候補生を募集しています。

人と動物が幸せに共存できる社会をともに目指し、協力してくださる方を求めています。ご応募お待ちしております。

募集要項・応募はこちら