活動報告活動報告

福島(いわき市)訪問

2011年9月1日
8月28日(日)大木代表が被災地(福島)に入りました。 いわき市が被災した動物たちを保護している行政施設などを訪問し、また、個人の団体として活躍する いわき「犬猫を捨てない」会 の方々ともお会いしました。 いわき「犬猫を捨てない」会 は、長くいわき市で活動している団体で、東日本大震災では、活動メンバーの方々ご自身が被災され、とても厳しい状況の中で被災したペットたちの保護をしておられます。 現地の皆さまには、快く対応していただきましたことを、この場を借りて、心より感謝申し上げます。 d0252904_14391467 「いわき市ペット保護センター」外観 d0252904_14393583 自ら被災された少数のスタッフとボランティアの方々で動物たちの世話にあたっておられました。 d0252904_14395397 震災の日まで「家族」として大切にされていたと思われる、穏やで人懐こい被災犬たち。 今後、国際セラピードッグ協会では、仮設住宅へのセラピードッグ訪問活動を続けると共に、行政と協力し被災犬たちの最終保護に尽力していきます。

大木トオル代表とセラピードッグ達のブログ I'll BE ALRIGHT

大木トオル代表とセラピードッグたちのブログが始まりました! セラピードッグたちは今日も元気100倍でトレーニングに励んでいます。応援をよろしくお願いいたします!

photo
2022年6月25日 New セラピードッグ”パティ”の引退生活
2005年千葉県動物愛護センターから救助した”パティ” セラピードッグ活動を引退して、今はトレーニングプラザで穏やかに生活しています。 5…
詳細はこちら
photo
2022年6月12日 2年ぶりの初級訓練会がスタートしました。
(一財)国際セラピードッグ協会では愛犬家のためのセラピードッグ訓練会を定期的に開催しております。 しかし、2年に及ぶコロナ禍により…
詳細はこちら
photo
2022年5月26日 “ミルキー”のシャンプー
トレーニングプラザでは、衛生管理の一環として定期的にグルーミング・トリミングをしています。 爪切りや耳のお掃除も一緒に行います。 …
詳細はこちら
photo

スタッフ候補生募集

一般財団法人国際セラピードッグ協会では、セラピードッグ・ハンドラー候補生を募集しています。

人と動物が幸せに共存できる社会をともに目指し、協力してくださる方を求めています。ご応募お待ちしております。

募集要項・応募はこちら