活動報告活動報告

被災犬緊急救助-3

2012年4月20日
国際セラピードッグ協会では昨年12月から今までに計3回の被災犬緊急救助を行い、10頭の引き取りをしました。 原発周辺の立ち入り禁止区域内で捕獲された犬たちを引き取り、協会の犬舎に連れてくるためには、除染作業と放射能検査が必要になります。 d0252904_14173487 除染のために入念にシャンプーを行います。 d0252904_14175627 シャンプー後の犬たちの放射能検査。 東日本大震災で被災した犬たちについて、当初、国も被災地の行政も通常の捨て犬や迷い犬と同じ扱い(数日の留置の後に殺処分すること)をしないとしていました。けれども、震災から時間がたち、元の飼い主のもとに戻る見込みのない犬、新しい飼い主を探すことが難しいと考えられる一部の犬たちについて、殺処分が検討され始めています。国際セラピードッグ協会の3回の救助は、このような殺処分の情報を得て、命の期限が決められてしまった犬たちを緊急に救助したものです。 しかも、シェルターにはいまだ数多くの被災犬が収容されており、犬たちのおかれた状況はとても厳しいものといえます。現在、国際セラピードッグ協会では、被災犬たちの最終保護に向けて準備を進めています。

大木トオル代表とセラピードッグ達のブログ I'll BE ALRIGHT

大木トオル代表とセラピードッグたちのブログが始まりました! セラピードッグたちは今日も元気100倍でトレーニングに励んでいます。応援をよろしくお願いいたします!

photo
2022年6月25日 New セラピードッグ”パティ”の引退生活
2005年千葉県動物愛護センターから救助した”パティ” セラピードッグ活動を引退して、今はトレーニングプラザで穏やかに生活しています。 5…
詳細はこちら
photo
2022年6月12日 2年ぶりの初級訓練会がスタートしました。
(一財)国際セラピードッグ協会では愛犬家のためのセラピードッグ訓練会を定期的に開催しております。 しかし、2年に及ぶコロナ禍により…
詳細はこちら
photo
2022年5月26日 “ミルキー”のシャンプー
トレーニングプラザでは、衛生管理の一環として定期的にグルーミング・トリミングをしています。 爪切りや耳のお掃除も一緒に行います。 …
詳細はこちら
photo

スタッフ候補生募集

一般財団法人国際セラピードッグ協会では、セラピードッグ・ハンドラー候補生を募集しています。

人と動物が幸せに共存できる社会をともに目指し、協力してくださる方を求めています。ご応募お待ちしております。

募集要項・応募はこちら