一般財団法人国際セラピードッグ協会

活動報告活動報告

大木トオル代表 韓国の動物愛護の架け橋として「犬食用禁止法」に貢献

2024年1月22日

韓国の国会では食用を目的に犬を屠殺したり飼育、繁殖することを禁止する「犬食用禁止法」が可決されました。

韓国では長きにわたり犬を食用とする文化が残っており、法制度も整っていませんでした。12年前、韓国の動物愛護団体の皆さんが、この悲惨な現状を変えて欲しいと私に嘆願するため日本へ来てくれました。

そして韓国の動物愛護推進のため、2013年2月、日本のセラピードッグ2頭を連れ、ソウルと釜山で韓国の動物愛護団体主催のもと動物愛護特別講演会を開催しました。講演は大変な反響があり、朝鮮日報をはじめとする多くのメディアに取り上げられ、その影響は日本にも及び全国の新聞に掲載されました。そして、日本の児童読書感想文指定図書の「名犬チロリ」が韓国語で出版され、多くの韓国の皆さんにチロリを通じて命の尊さを伝えることができました。

2013年のソウルと釜山の講演をきっかけに、10年以上にわたり韓国の動物愛護の架け橋として活動し、この度の「犬食用禁止法」に貢献できたことを嬉しく思っております。今後も韓国の愛犬家の皆さんと共に動物愛護に尽力してまいります。

 韓国の皆さん、ありがとう(カムサハムニダ!)

一般財団法人 国際セラピードッグ協会
創始者 大木 トオル

大木トオル代表のソウルと釜山の講演会は大変な反響があり、2013年2月、朝鮮日報の社会面1面に大きく掲載され、この度の韓国の動物保護法改正に大きな影響を与えました
児童読書感想文指定図書の「名犬チロリ」は、韓国語でも出版され日本と韓国の動物愛護の架け橋として大きな貢献を果たしました
韓国講演会のポスター(2013年2月)
韓国講演のポスター(2013年2月)
セラピードッグエキシビションの様子。 車椅子歩行の実演をする大木代表とセラピードッグ「こたろう」。日本のセラピードッグが初めて韓国の地を踏みました
講演会は、韓国の動物愛護家の皆さんで満員となりました。
韓国訪問中、飲食店で発見した食用犬の捕獲ケージと捕獲棒。食用文化の現実を目の当たりにし胸を痛める大木代表

大木トオル代表とセラピードッグ達のブログ I'll BE ALRIGHT

大木トオル代表とセラピードッグたちのブログが始まりました! セラピードッグたちは今日も元気100倍でトレーニングに励んでいます。応援をよろしくお願いいたします!

photo
2024年1月25日 大木トオル代表 韓国の動物愛護の架け橋として「犬食用禁止法」に貢献
韓国の国会では食用を目的に犬を屠殺したり飼育、繁殖することを禁止する「犬食用禁止法」が可決されました。 韓国では長きにわたり犬を食…
詳細はこちら
photo
2023年12月30日 年末のご挨拶
今年は3年半以上にわたるコロナ禍を乗り越え、高齢者施設でのセラピードッグ活動が再スタートしました。 セラピードッグたちとの再会に高…
詳細はこちら
photo
2023年11月18日 2024年 セラピードッグトレーニング説明会&初級訓練会
【セラピードッグトレーニング説明会】 日時:2024年1月20日(土)11:30~12:30 会場:浅草「エリール」3階 住所:〒111-0032 東京都台…
詳細はこちら
photo

スタッフ候補生募集

一般財団法人国際セラピードッグ協会では、セラピードッグ・ハンドラー候補生を募集しています。

人と動物が幸せに共存できる社会をともに目指し、協力してくださる方を求めています。ご応募お待ちしております。

募集要項・応募はこちら

ふるさと納税のお願い

ふるさとチョイスからご寄付いただけるようになりました。
ご協⼒をよろしくお願い申し上げます。

詳しくはこちら

Close